「チャグチャグ馬コの里」岩手県滝沢市の名産・特産品ネットショップ

メルマガ登録

チャグまるしぇ滝沢facebook

チャグまるしぇ滝沢フリーペーパー

RSS購読

チャグまるしぇの情報を
いち早くお届けします!

RSS

らでん工房あべ 滝沢市から神秘的な輝きをお届けします

螺は貝、鈿(でん)はちりばめることを意味する装飾技法のひとつです。漆塗りを施した表面に模様に合わせて切り出した青貝をはめ込みます。何重にも漆を塗り、研ぎ、ツヤがでるまで磨き上げる大変手の込んだ伝統工芸です。丁寧に細工された貝の輝きは見る角度によって異なった表情をみせてくれます。

「今ではパソコンで容易に物づくりが出来るようになったが、螺鈿細工を通して手づくりの味わいやぬくもりを伝えたいと話す阿部さん。全ての作業工程を手作業で行います。印刷屋にて文字や図・写真などを切り抜き、指定の位置に嵌め込む版下作業を行っていた為、貝を切り出し作品を造る工程は印刷屋で得た技術と通じるものがあったそうです。

全体に生漆をしみ込ませ木地を固めます。次に、水と塗料の下地に用いる砥の粉の練り物に生漆を混ぜ塗ります。全体を研ぎながら粒子の細かい砥の粉を蒔き、漆を重ねていきます。

漆を塗った表面を蝋色炭(ろいろすみ)でとぎ平らにします。

漆と糊を混ぜた漆糊で、表面に貝を貼り付けていきます。

専用の刷毛で塗りむらの無いように漆を塗ります。

漆を塗った後は漆風呂と呼ばれる湿度が管理された乾燥室で乾燥をさせます。

油をつけた指先に蝋色磨き粉をつけて磨きます。

作品のモチーフは身近な植物や生物。自然豊かな滝沢市は季節によって様々な光景を見る事ができます。阿部さんが自ら出向き季節を感じる写真を撮影しています。撮影した何十枚もの写真を写し取り、型に沿って慎重に貝を切っていきます。貝を傷つけないように細心の注意を払い切り取っています。

また、独自の作品制作にも積極的に取り組んでいます。既存の螺鈿細工の商品はほとんどが飾り細工でした。文字を型抜きする技術を螺鈿細工に生かせないかと考え、螺鈿の文字入り作品を制作しました。釣り愛好家の方に魚の名前を施した文字入りの作品を送ったところ、巧妙にデザインされた文字と貝の輝きは大変好評を受けました。

今まで培った技術を生かし、新しい技術と融合した螺鈿作品にも積極的に取り組んでいる阿部さん。今後も滝沢市から深く神秘的な光彩を放つ作品が生み出されます。

平成6年
アビリンピック 労働大臣賞受賞
日本障害者雇用促進協会賞受賞
平成7年
国際アビリンピック大会出場
平成24年
第20回岩手県障がい者芸術祭(工芸)
最優秀賞受賞
平成25年
第21回岩手県障がい者芸術祭(工芸)
優秀賞受賞
平成26年
第22回岩手県障がい者芸術祭(工芸)
優秀賞受賞
平成25年
第66回岩手芸術祭(工芸 一般公募)
入選
平成26年
第67回岩手芸術祭(工芸 一般公募)
入選
平成26年
第45回岩手工芸美術展(工芸 一般公募)
入選
神秘的な輝きを放つ、らでん工房あべの螺鈿細工はこちらからお買い求め頂けます。

らでん工房あべ店 販売商品

弁柄キーホルダー

1,300円

商品ページへ

らでん細工キーホルダー

2,700円

商品ページへ

熊の牙キーホルダー
(金箔)

35,000円

商品ページへ

熊の牙キーホルダー
(銀箔)

35,000円

商品ページへ

鹿の角ネックレス

25,000円

商品ページへ