「チャグチャグ馬コの里」岩手県滝沢市の名産・特産品ネットショップ

メルマガ登録

チャグまるしぇ滝沢facebook

チャグまるしぇ滝沢フリーペーパー

RSS購読

チャグまるしぇの情報を
いち早くお届けします!

RSS

伝統を身近に「わたや」

店舗名の「わたや」とは、商品の製作者である山西さんの実家の屋号です。青森県の出身でふとん店に生まれた山西さんは、幼い頃から布団の綿に囲まれて生活してきました。

いつまでも触れていたくなるあたたかい作品、優しい作品を作りたいとの想いから、ひしざしの小物を作っている「わたや」として、歴史館や県内のイベントで手芸品の販売をしています。

もともと手作業が好きな山西さんが、ひしざしに興味を持ち始め、滝沢市に引っ越してきた時に、”何か地域の特色のあるものを作りたい”と探していたところ、目に留まったのが南部ひしざしの『馬のまなぐ』という模様でした。

チャグチャグ馬コの目によく似た模様で、滝沢市らしい商品が出来ると考え『馬のまなぐ』を刺した商品を作っています。

ひしざしとは、青森県の南部地方に伝わる伝統的な刺しこです。

寒さの厳しい土地で家族の衣服を整えるため、女性が一針一針、麻布に木綿の糸で心と技を込めて刺した晴れ着や野良着(のらぎ)が、元来の作品だと言われています。

こぎん刺しにも似ていますが、こぎん刺しは奇数の目をひろう縦長な模様に対し、ひしざしは偶数の目をひろう為、横長の模様となります。また、ひしざしは煉瓦を積み上げていくように刺し進め、面を埋めていく方法もあります。途中で菱模様を変えることや糸の色を変える事も出来ます。

「持っていて楽しく、実用的な物を作りたい」と話す山西さん。

山西さんの作品には様々な色の組み合わせがあります。糸の色で作品の印象がガラリと変わるため、年代や性別を問わず、お気に入りの作品が見つかります。

伝統的な手芸品には固いイメージがありますが、気軽に使ってもらって欲しいとの想いがあるそうです。一針一針を麻布などに刺し、すべてを手作業で仕上げていきます。

こぎん刺しの持つ、紺と白が織りなす縦長のシャープな印象に対して、ひしざしは横長の模様を持つ穏やかな安定感が魅力で、馬の優しい目にも似ていると感じたそうです。

「チャグチャグ馬コの里・滝沢市のお土産として、手に取っていただければ。」と話す山西さん。盛岡の歴史館やさまざまなイベントにも出店し、多くの方にひしざしを知っていただけるよう活動されています。

南部菱刺しの鮮やかな「わたや」の商品はこちらからお買い求めいただけます。

わたや 販売商品

南部菱刺 名刺・カード入れ(うまのまなぐ 赤・青・緑)

3,400円

商品ページへ

南部菱刺 お茶マット
(うまのまなぐ 赤・青・緑)

3,400円

商品ページへ

南部菱刺 鍋つかみ
(うまのまなぐ 黒・グレー)

3,400円

商品ページへ